2015年9月30日水曜日

■環境ホルモンとは!?

環境ホルモンとは、正しくは『外因性内分泌攪乱化学物質』というもので、ヒトや野生動物の内分泌の作用を乱し、生殖機能などを阻害する可能性のある環境化学物質のことをいいます。




2015年9月28日月曜日

2015年9月27日日曜日

■各カルシウム製剤に含有されているカルシウムの量は!?

▽カルチコール注 5ml 1A⇒39.25mg:1.95mEq

▽アスパラCa 200mg 1錠⇒26mg:1.3mEq

▽カルタン 500mg 1錠⇒200.2mg:10mEq

▽乳酸カルシウム 1g⇒130mg:6.5mEq




■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?

国内臨床試験で、胃潰瘍における除菌率は、ランサップ40087.5%、ランサップ80089.2%である。
十二指腸潰瘍における除菌率は、ランサップ40091.1%、ランサップ80083.7%である。
特に効果に有意な差はみられなかった。
しかし、喫煙者の場合は、クラリスロマイシン400mgでは、除菌率が低下したとの報告がある。
喫煙者の場合は、ランサップ800の使用が推奨される。




≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

2015年9月26日土曜日

■アピドラとノボラピッドの違いは!?

アピドラは、亜鉛を含まず単量体として存在するため皮下投与された後の吸収が速く、速やかに血中に移行する。
そのため、最高血中濃度の半分までに到達する時間が、ノボラピッドの32分に対して、アピドラは21分である。
ノボラピッドからアピドラへは同一単位で切り替え可能である。



≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

2015年9月24日木曜日

■ピロリ菌の3次除菌は、何を使う!?

PPI+アモキシシリン1500mg+シタフロキサシン200mg 2× 7日分。
3次除菌は、保険適応外である。




■パキシルCR錠のメリットは!?パキシル錠とパキシルCR錠の換算比は!?

パキシル錠とパキシルCR錠の換算比は、45である。

CR錠は、二相性のcontrolled release錠であり、血中濃度のピークとトラフの幅が小さくなっている。

そのため、パキシル錠と比較して用量は多くなるが、服用開始時の悪心・嘔吐などの副作用の発現率が低く、治療継続率の向上が見込まれている。

半減期は、パキシル錠が14時間でパキシルCR錠が13時間である。

パキシル錠10mg≒パキシルCR錠12.5mg

パキシル錠20mg≒パキシルCR錠25mg

パキシル錠40mg≒パキシルCR錠50mg




2015年9月21日月曜日

■マスキュラックスからエスラックスへの切り替え換算比は!?

エスラックスの力価は、マスキュラックスの約1/6である。
マスキュラックス4mgは、エスラックス24mgに相当する。
ex)1時間あたり3mgのマスキュラックスを持続静注していたのなら、エスラックスは18mg/時間となる。エスラックスは、50mg/5ml(10mg/ml)の製剤のため、1.8ml/時間の速度で投与となる。




2015年9月20日日曜日

■ルネスタ(エスゾピクロン)とアモバン(ゾピクロン)の違いは!?ルネスタの特徴は!?

ルネスタは、アモバンに比べ服用後の口の苦味が少ない。
等量換算比は、ルネスタ2.5mg=アモバン7.5mg
ルネスタの入眠潜時は、2030分。
ルネスタの消失半減期は、5時間である。




2015年9月19日土曜日

■SU剤とグリニド薬の併用はできるの!?

適応は認められていません。
SU薬とグリニド薬はいずれもインスリン分泌を促します。
膵β細胞のATP感受性カリウムチャネルに結合して作用を発揮し、結合部位を共有します。
したがって、一般に長時間作用型であるSU薬と短時間作用型のグリニド薬の併用意義は見出しにくいものと思われます。




2015年9月17日木曜日