2016年6月19日日曜日

■かかりつけ薬局の要件

≪かかりつけ薬局の基準≫
➀服薬情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導
②患者からの電話相談などへの24時間対応、在宅患者に対する薬学的管理・指導
③かかりつけ医を始めとした関係機関などとの連携体制の構築

≪かかりつけ薬剤師の算定要件≫
➀保険薬剤師として一定年数以上の薬局勤務経験
②当該保険薬局に週の一定時間以上の勤務
③当該保険薬局に一定期間以上の在籍
④研修認定の取得
⑤医療に係る地域活動への参画

≪基準調剤加算の要件(抜粋)
・平日は18時間以上、土曜日または日曜日のいずれかの曜日には一定時間以上開局し、かつ、週45時間以上開局
1200品目以上
・単独の保険薬局または近隣の保険薬局と連携
・在宅業務の体制整備
・在宅の業務実績(1/年以上)
・調剤基本料の特例対象薬局(大型門前薬局など)ではないこと
・健康相談または健康教室を行っている旨の薬局内掲示
・かかりつけ薬剤師指導料などに係る届出
・管理薬剤師の実務経験(薬局勤務経験5年以上、同一の保険薬局に週32時間以上勤務かつ1年以上在籍)
・処方箋集中率が90%を超える薬局は、後発医薬品の調剤割合が30%以上




≪相互リンク≫

■健康サポート薬局の基準

(1)関係機関とあらかじめ連携体制を構築
※医療機関、地域包括支援センター、訪問看護ステーションのほか、健診や保健指導の実施期間、市町村保健センターその他の行政機関、介護保険法における介護予防・日常生活支援総合事業の実施者等

(2)人員配置・運営
➀相談対応や関係機関への紹介に関する研修を修了した薬剤師が常駐
②平日働く社会人も相談できるよう、土日も一定時間開局
③地域住民の健康の維持・増進を具体的に支援
※薬剤師のお薬相談会、健診の受診勧奨、認知症の早期発見、管理栄養士の栄養相談会など

(3)医薬品の取り扱い・設備
➀要指導医薬品などを適切に選択できるような供給機能や助言の体制
②プライバシーに配慮した相談窓口を設置
③健康サポート機能を有する旨やその内容を薬局内外に表示




≪相互リンク≫

2016年6月13日月曜日

■営業利益と経常利益とは!?

≪営業利益≫
本来の仕事で稼いだ利益のことである。
売上げから売上げ原価と販売費や一般管理費を差し引いたもの。
売上材料費-人件費-広告費=営業利益
 

≪経常利益≫
財務活動など本業以外の損益も加えた通常の利益である。
営業利益に受取り利息などの営業外利益を足し、銀行に支払う借入利息などの営業外費用を差し引いたもの。
営業利益+利息など営業外利益-借入など営業外費用=経常利益
 

※『経理の仕事』参照




≪相互リンク≫

2016年6月6日月曜日

■感情をうまく伝えられない人の5つの特徴

1.怒りを他の『人』、『こと』のせいにする。

2.すべての人に好かれようとする。

3.自分の感情を把握できていない。

4.怒りを溜め込みある日突然爆発させてしまう。

5.言いたいことを何でも言ってしまう。

※アンガーマネジメント参照




≪相互リンク≫

2016年6月2日木曜日

■組織が成立するための3要素

1.共通目的
その組織が達成しようとする目的である。

2.協働意思
その組織のために貢献しようと思う気持ちであり、貢献意欲と言ってもいいかもしれない。

3.コミュニケーション
組織構成員同士のコミュニケーションが必要である。122つの成立要因に密接に絡んでいる。



≪相互リンク≫

2016年6月1日水曜日

■不眠症の生活指導


運動
・定期的に適度な運動をする。
食事・嗜好品
・就寝前の飲酒や喫煙を控える。
・栄養バランスの取れた食事を13回同じ時間に取る。
・就寝4時間前以降は、カフェインの摂取を控える。
・夕食は就寝3時間前までに終わらせる。
生活
・趣味などでストレスを解消する。
・睡眠時間の長さにこだわらず、日中の眠気に困らない程度の睡眠を心掛ける。
・就寝時刻にこだわらず眠くなってから床に就く。
・毎日同じ時刻に起床し、一定のリズムを作る。
・入浴時は、3839℃のぬるめのお湯にゆっくり入る。
・朝の光を浴びる。
・昼寝をする場合は午後3時前に2030分以内に留める。
・寝室を適度に暗くし、余計な音などが入らないようにする。




≪相互リンク≫