2017年5月19日金曜日

■フィブロガミンPの投与期間は!?

フィブロガミンP(ヒト血漿由来乾燥血液凝固第ⅩⅢ因子)の投与期間は!?
【血液凝固ⅩⅢ因子低下に伴う縫合不全及び瘻孔】
5日間投与後、症状に改善が認められない場合は中止。

【川崎病の急性期】
200mg(4ml)/kgを投与する場合:5日間



≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。