2017年7月4日火曜日

■献血ヴェノグロブリンIHの透析患者への投与量は!?

透析患者であっても通常の投与量でよい。
しかし、透析で吸着される可能性があるため、透析後に投与する方がよい。



≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。