2017年4月28日金曜日

■パーサビブ静注透析用2.5mg・5mg・10mg

≪製造販売≫
小野

≪一般名≫
エテルカルセチド

≪薬効分類≫
カルシウム受容体作動剤

≪効能・効果≫
血液透析下の二次性副甲状腺機能亢進症

≪用法・用量≫
 通常、成人には、エテルカルセチドとして15mgを開始用量とし、週3回、透析終了時の返血時に透析回路静脈側に注入する。
 以後は、患者の副甲状腺ホルモン(PTH)および血清カルシウム濃度の十分な観察のもと、12.515mgの範囲内で適宜用量を調整し、週3回、透析終了時の返血時に投与する。

≪薬価≫
パーサビブ静注透析用2.5mg:873/A
パーサビブ静注透析用5mg:1283/A
パーサビブ静注透析用10mg:1885/A

≪概要≫
パーサビブは、米国アムシェン社で創製され、小野薬品工業で開発されたカルシウム受容体作動薬である。

≪薬理作用≫
 副甲状腺細胞表面のCa受容体は、副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌・生合成、副甲状腺細胞の増殖を抑制的に制御している。
 本剤は、副甲状腺細胞表面のCa受容体にアロステリックに作用し、受容体のCa感受性を高めることで、主にPTH分泌を抑制し、血中PTH濃度を低下させる。また、反復投与においては副甲状腺細胞の増殖抑制も血中PTH濃度低下に寄与すると考えられている。

≪特徴≫
 二次性副甲状腺機能亢進症におけるPTHの過剰分泌は、心血管の石灰化などを介して生命予後に影響を及ぼすことが知られており、生命予後改善の観点から血清PTH濃度の適切な管理が必要とされている。二次性副甲状腺機能亢進症の治療では、血清PTHおよび血清CaPの管理を目的に、Ca受容体作動剤のシナカルセト(商品名:レグパラ)や活性型ビタミンD3製剤が投与されるが、すべての管理目標値を達成している患者さんは3割程度にとどまるとの報告もある。
 本剤は、血液透析終了時に透析回路より投与する注射剤であり、医師の管理下において確実な投与が可能とある。また、一般的に水分制限や内用剤の併用が多い透析患者さんの服薬負担を軽減することなどが期待されている。

≪シナカルセト(商品名:レグパラ錠の薬価)
レグパラ錠12.5mg:374.20
レグパラ錠25mg:549.80
レグパラ錠75mg:1011.70



≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

2017年4月25日火曜日

■肺高血圧症とは!?

≪定義≫
肺高血圧症(PH)とは、安静時に右心カテーテル検査を用いて実測した肺動脈平均圧(meanPAP)25mmHg以上の場合。

≪診断≫
右心カテーテル検査は、肺高血圧症の正確な病態評価を行うための現在の世界標準である。

≪肺高血圧症の経過≫
1.肺血管拡張能の低下および血管収縮がPH経過の早期に起こる。
2.肺動脈壁の硬化と肥厚(血管リモデリング)によって肺血圧がさらに上昇する。
3.狭くなった動脈に血圧を送り出すため、右心により大きな負担がかかる。
4.最終的に、右心は肥大し、その結果、血液を肺に送り出せなくなる。
5.心不全をきたり、死亡に至る。



≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割

≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

2017年4月17日月曜日

■イフェクターSRカプセル37.5mg・75mg

≪製造・販売≫
ファイザー

≪一般名≫
ベンラファキシン塩酸塩

≪薬効分類≫
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)

≪効能・効果≫
うつ病・うつ状態

≪用法・用量≫
通常、成人にはベンラファキシンとして137.5mgを初期用量とし、1週後より175mgを11回食後に経口投与する。なお、年齢、症状に応じ1225mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として75mgずつ行うこと。

≪薬理作用≫
本剤および活性代謝物であるO-脱メチルベンラファキシンは、神経伝達物質であるセロトニンおよびノルアドレナリンの再取り込み阻害作用を示す。また、低用量から主にセロトニン系に作用し、高用量ではセロトニン系とともにノルアドレナリン系の作用が強まる(⇒不眠に繋がる可能性がある)ことが示されている。

≪特徴≫
ベンラファキシンは、当初外国において123回投与の即放錠として開発された。その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、11回投与の徐放性カプセルである本剤が開発された。本邦において3剤目のSNRIである。



≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割

≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

■リーダーになる人に必要な失敗学の知識

1.失敗に負けないように対処する技術
2.失敗原因を分析する能力
3.失敗情報を正しく扱うノウハウ
4.致命的な大失敗を防ぐための視点
5.失敗を想像に繋げる思考
6.試行錯誤しながら先へ進む姿勢



≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

2017年4月16日日曜日

■失敗学のすすめ:失敗から立ち直る7つの方法

【正しい対処】
1.逃げる
2.他人のせいにする
3.おいしいものを食べる
4.お酒を飲む
5.眠る
6.気晴らしをする
7.愚痴を言う

エネルギーが回復
 
【正しくない対処】
1.逃げない
2.自分を責める
3.食事もそこそこ
4.お酒を飲まない
5.睡眠を削る
6.気晴らしをしない
7.自分で溜め込む

エネルギーが回復しない



≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

■失敗学の基本的な考え方

1.失敗を恐れず、試行錯誤する。
2.失敗を真正面から受けとめる。
3.次の失敗の予防策を考える
4.失敗を発展の種にする。

12は、私たちが取るべき態度。
34は、失敗学の目的

【私たちが取るべき態度】
1.挑戦:失敗を恐れず試行錯誤する。
2.反省:失敗を真正面から受けとめる。

【失敗学の目的】
3.予防:同じ失敗を起こさないよう予防策を考える。
4.発展:失敗を発展の種にする。



≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

2017年4月15日土曜日

■社会人基礎力とは!?

▽前に踏み出す力
・主体性:物事に進んで取り組む力
・働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
・実行力:目的を設定し、確実に行動する力

▽考え抜く力
・課題発見力:現状を分析し、目的や課題を明確にする力
・計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
・創造力:新しい価値を生み出す力

▽チームで働く力
・発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
・傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
・柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
・状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
・規律性:社会のルールや人との約束を守る力
・ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

それぞれの力を磨いていき、社会人基礎力を向上していきたいと思います!!



≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割 

2017年4月14日金曜日

■うまくチームを回しているファシリーダーのスキル:ファシリーダー度チェック

1.メンバーに何をすべきか、何を期待しているのかを伝えている。

2.チームが仕事を適切に遂行するために必要な材料や道具を整えている。

3.メンバーそれぞれに、毎日最高の仕事をする機会を与えている。

4.この1週間の内に、メンバーの仕事の成果を認めたり、褒めたりした。

5.メンバーを一人の人間として気にかけていることを伝えている。

6.メンバーの成長を応援し、後押ししている。

7.メンバーの意見を聞き、尊重している。

8.会社のミッション・目的のために、メンバーの仕事が重要だと伝えている。

9.メンバーの仕事ぶりを把握し、クオリティの高い仕事をするよう促している。

10.チームメンバーの人間関係を把握している。

11.この6ヶ月のうちに、メンバーの進歩について話す機会を持った。

12.この1年のうちに、メンバーが仕事について学び、成長する機会をつくった。


現時点、できていることは少ないですが、これからまず一つずつでも出来ることをやっていき、うまくチームを回す『ファシリーダー』を目指していきます!!





≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

2017年4月12日水曜日

■インフルエンザの病態

 インフルエンザは、インフルエンザウィルスによる急性の呼吸器感染症で、毎年冬季に流行を繰り返し、流行性感冒と呼称されている。

 インフルエンザの病態は、
1.インフルエンザウィルスそのものによるもの
2.細菌感染など2次感染によるもの
3.インフルエンザ感染によって引き起こされる宿主の過剰な免疫反応によるもの
3つの因子から形成されている。重症化には、23の病態が大きく関与することから、治療に際しては宿主の炎症の制御が重要な役割を担う。

 インフルエンザは突然に発症し、高熱や頭痛、全身倦怠感、関節痛、筋肉痛など全身症状が強く、高齢者では重症化の可能性が高く、いったん流行が始まると短期間に乳幼児から高齢者まで感染が大規模に拡大するという特徴をもつ。

 鼻水、くしゃみ、咽頭痛などを主訴とし、重症化することの少ない普通感冒(かぜ)とは大きく異なる。ただし、軽症例や非特異的な症状を呈する症例も多く、流行時期以外に臨床所見だけから普通感冒と鑑別することは困難である。

 健常者の多くは無治療で自然治癒するが、基礎疾患を有する患者や乳幼児、高齢者では合併症のため死亡する場合がある。特に高齢者では肺炎合併率が高く冬季死亡の原因となっており、老人ホームなどの高齢者入所施設における集団発生などは社会問題となっている。小児では乳幼児を中心に冬季入院の主たる原因であるだけでなく、インフルエンザ脳症が問題となっている。



≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割 

■タミフルとラピアクタが、インフルエンザに効かない!?

 インフルエンザウィルスのAH1N1のなかに、タミフル耐性となるアミノ酸変異H275Yをもつウィルスが出現し、増加傾向にある。また、H7N9にもタミフル耐性が報告されている。これらの耐性ウィルスはラピアクタにも耐性を示すが、リレンザとイナビルには感受性があり、今後は耐性情報を考慮した薬剤の選択が求められる。



≪関連記事≫
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?

2017年4月5日水曜日

■妊婦へビタミンAは禁忌!?


 ビタミンAは皮膚や粘膜、目を健康に保つ効果があるビタミンで、妊娠中でも欠かせない栄養素です。しかし、ビタミンAは脂溶性のために、水溶性の葉酸などが尿で排出されるのと異なり、過剰摂取は体内にビタミンAを蓄積してしまいます。 妊娠初期の妊婦が過剰摂取すると、胎児の先天奇形のリスクはが高まると云われます。
 ビタミンAがなぜ妊婦に悪いの!?

 まずは、ビタミンAの働きを説明しましょう。ビタミンAの主な作用は、視覚作用と全身作用に分けられます。ビタミンAは、視覚調整に関与しているため、不足すると夜盲症になります。夜盲症とは鳥目とも呼ばれていますが、暗さに目が慣れるのがおそくなり、暗いところで見えにくくなります。また、細胞の分化や発生,生物の正常な成長促進作用や皮膚粘膜形成などにも関与しているため、皮膚の乾きや丘疹ができたり、粘膜の抵抗性が低下して感染症にかかりやすくなります。したがって、体にとっては必要不可欠です。

 なぜ、ビタミンAが妊婦に悪いのでしょうか!?

 ビタミンAのもう1つの働きとして、骨格の配置や形を決める遺伝子や骨格のパターン形成を制御する遺伝子の制御に関与していると言われています。したがって、骨格形成に関わる胎児期に、ビタミンAが過剰に存在すると、遺伝子の制御が乱れてしまい、骨奇形を生じてしまいます。これがビタミンAによる催奇形性のメカニズムです。

 どれだけ摂取するとまずいのでしょうか!?

 ビタミンAの奇形発症率は、1日あたりの摂取量が1.5mg5,000IU IUは国際単位で1IU0.3μg)以上で1.3%、4.5mg15,000IU)以上で3.0%という報告があります。この量は、普通の食生活では、通常摂り得ない量なので特に心配する必要はありません。サプリメントなどにより、必要以上に摂らなければ大丈夫です。ちなみに、ビタミンAの所要量は成人において男性0.6mg2,000IU)女性0.54mg (1,800IU)となっています。

 妊娠初期(3ヶ月まで)の妊婦や妊娠の可能性のある女性は、ビタミンAの過剰摂取により、胎児に奇形が発症することがありますのでサプリメントなどは控えること。また、治療によりビタミンAを服用中の方は、妊娠する前に必ず医師・薬剤師に相談すること。




≪関連記事≫
■妊婦の方のビタミンA過剰摂取は胎児に奇形を生じさせる可能性がある。
■妊婦へビタミンAは禁忌!?
■ディフェリンゲルは妊婦に禁忌!?
■妊婦が薬を飲んで薬の影響が大きい時期は!?
■妊婦への投与が禁忌である代表的な薬剤
■妊娠前には風疹抗体検査をした方がよい!!

■感染症サーベイランスとは!?

感染症サーベイランスは、感染症の発生状況を調査・集計することにより、感染症の蔓延と予防に役立てるシステムのことである。



≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師